【初心者向け】GoogleアナリティクスをWordPressに設定する3つの手順

Googleアナリティクスは、ブログを運営していく上で分析をするために必須のツールです。

導入することで、次のようなデータが見れたりします。

  • 現在どれくらいのアクセスがあるか
  • どんな記事が読まれているか
  • ページに滞在時間はどれくらいか

こういったデータってサイト改善のヒントにもなったりするので、今後のためにも必ず導入してデータを残せるようにしておきましょう。

本記事の内容

  • GoogleアナリティクスをWordPressに設定する手順
  • 初心者向けのGoogleアナリティクスの使い方

導入自体はわりと簡単なので、手順どおりにサクッと終わらせていきましょう。

スポンサーリンク

GoogleアナリティクスをWordPressに設定する手順

Googleアナリティクスを設定する手順ですが、やるべきことは次のとおりです。

  • 手順①:Google アナリティクスのアカウントを作成
  • 手順②:サイトを登録してトラッキングコードの取得
  • 手順③:取得したトラッキングコードをWordPressに設定

基本は「クリック+コピペ」でできる内容なので、多分15分くらいで終わるはず。

それぞれ詳しく解説するので、流れのままに進めていってください。

手順①:Google アナリティクスのアカウントを作成

まずはアナリティクスのアカウントを作成します。

Googleアナリティクスにアクセスして、Googleアカウントでログインしましょう。

ログインができたら上記のような画面が表示されるので、[測定を開始]をクリックしてここからの手順を進めていってください。

STEP.1
アカウントの設定

  • アカウント名:好きな名前でOK。
  • アカウントのデータ共有設定:Googleのプロダクトやサービスを含めた全てにチェック。

上記の感じで設定できたら[次へ]をクリックします。

STEP.2
プロパティの設定

  • プロパティ名:ブログ名とかでOK。
  • レポートのタイムゾーン:日本なら「日本」を選択。
  • 通貨:日本なら「日本円」を選択。

※「(GMT+09:00)日本時間」という部分は、国を選択すれば自動で切り替わります。

入力が完了したら[次へ]をクリックして進みましょう。

STEP.3
ビジネス情報

  • 業種:業種を選択。分からなければ「その他」でOK。
  • ビジネスの規模:個人ブログなら「小規模」でOK。
  • 利用目的:一番上にチェック。

ここまでできたら、[作成]をクリックします。

STEP.4
利用規約

最後に利用規約ができるので[日本]を選択し、規約に目を通して『GDPRで必須となるデータ処理規約にも同意します。』にチェックをいれましょう。

STEP.5
データ保護条項

こちらも条項に目をとおして、『私はGoogleと共有するデータについて、「測定管理者間のデータ保護条項」に同意します。』にチェックを入れ[同意する]をクリックします。

最後に自動メール配信の項目が表示されますが、ここは特にいらないのでチェックを全て外してOK。終わったら「保存」をクリックしておきましょう。

これでアカウントの作成は完了です。

続いて、ブログサイトを登録していきましょう。

手順②:サイトを登録してトラッキングコードの取得

データストリームの設定の項目に移るので、[ウェブ]を選択して進めていきましょう。

※2サイト目以降を登録する場合は、「管理」→「プロパティの作成」から取得することができます。

STEP.1
データストリームの設定

  • ウェブサイトのURL:「https://」を選択して自分のブログのドメインを入力。
  • ストリーム名:任意の名前でOK。

※SSL化をしていない場合は、URLで「http://」を選択してください。当サイトの「」の手順で作成している場合は「https://」を選んでOKです。

入力が完了したら[ストリーム作成]をクリックしましょう。

STEP.2
サイトのタグを取得

測定IDが記載されている画面に移動するので、スクロールして「グローバルサイトタグ(gtag.js)…」と書かれている項目を選択しましょう。

STEP.3
コードをコピー

コードが表示されるので、このコードをコピーしておいてください。

これでトラッキングコードの取得は完了です。

ここから、このコードをWordPressに設置していきましょう。

手順③:取得したトラッキングコードをWordPressに設定

先ほど取得したトラッキングコードをWordPressに設置していきます。

テーマによって設置方法にちょっと違いはありますが、ここでは例として「Cocoon」のテーマで解説を進めていきます。

STEP.1
アクセス解析の設定へ移動

WordPress管理画面から[Cocoon設定]を選択し、[アクセス解析・認証]をクリックします。

STEP.2
コードを入力

下にスクロールすると「その他のアクセス解析・認証コード設定」という項目があるので、「ヘッド用コード」の部分に先ほど取得したトラッキングコードをペーストします。完了したら[変更をまとめて保存]をクリックしておきましょう。

エラーメッセージが出てしまう場合は

サーバー側でWAFというセキュリティが影響して、コードを保存した場合にエラーメッセージが出ることがあります。

こういった場合は、サーバーの設定で一時的にWAFをOFFにして解決しましょう。

やり方はサーバーによって違いますが、ここでは「ConoHa WING」を例として解説しておきます。

ConoHa WINGにログインし、[サイト管理][セキュリティ]から[WAF]を選んで、利用設定を「OFF」にしておきましょう。その後に、先ほどのアナリティクスの設定手順を進めればエラーが出ることなく設定が完了します。

設定が完了したら、必ずWAF設定を「ON」に戻してセキュリティを保つようにしておきましょう。

これでアナリティクスの設置は完了です。

最後にデータの見方についても、少し確認しておきましょう。

アナリティクスの登録が完了したら、ついでにサーチコンソールも設定しておくといいです。アナリティクスが登録できていれば、設置はかなり簡単ですよ。

»参考:WordPressにGoogleサーチコンソールを登録・設定する方法

Googleアナリティクスの使い方:初心者が確認すべき3つのポイント

Googleアナリティクスの使い方として、初心者がひとまず確認すべきデータが次の3点です。

  • ①「行動>概要」:期間ごとにどのページがどれくらい見られているか
  • ②「集客>概要」:どの経路でブログにアクセスが来ているか
  • ③「リアルタイム>概要」:現在どのページがどれくらい見られているか

ここだけでも「人気の記事」や「集客できている方法」などが分かったりするので、ブログを運営する上での分析にはかなり役立ちます。

Googleアナリティクスには他にも確認できるデータはたくさんありますが、無理に全てを使おうとしなくていいです。自分にとって必要なデータだけを、ポイントで確認していくようにしましょう。

というわけで、ここから上記3つについて確認方法なども解説しておきます。

※ここから先で使用している画像は、実際に僕が運営しているサイトのデータです。そちらも参考にどうぞ。

①「行動>概要」

「行動>概要」では、自分のブログが期間ごとにどれくらい見られているかや、何人が訪問してくれるかが分かる部分です。

このデータは、[行動][概要]から確認することができます。

見慣れない言葉が出てきますが、詳細は次のとおり。

  • セッション:ユーザーがサイトを訪問してから離脱するまでの流れ
  • ユニークユーザー:サイトの訪問人数(同じ人が訪問しても増えない)
  • ページビュー(PV):ユーザーがサイト内で閲覧した回数
  • 離脱率:ユーザーが最後に閲覧したページの割合
  • 直帰率:ユーザーが1ページだけ閲覧して離脱した割合
  • ページ滞在時間:ユーザーがページを閲覧した時間

基本的には「セッション・ユーザー数・PV」は増えるほど良いですし、「離脱率・直帰率」は減るほど良いといった感じです。

期間を指定して過去のデータも分析できるので、比較などもしつつ参考にしていきましょう。

②「集客>概要」

「集客>概要」では、自分のブログにどこからアクセスが来ているか分かる部分です。

このデータは[集客][概要]から確認することができます。

何やら英語の言葉が並んでいますが、それぞれの流入方法が次のとおりです。

  • Organic Search:検索エンジンからの訪問
  • Direct:ブックマークから訪問
  • Referral:別サイトのリンクから訪問
  • Social:SNSからの訪問

上記の割合を見つつ、どこから集客できてて何に力を入れるべきなのか分析しましょう。新しい行動をしてみたあとは、過去と比較してみても面白いかもです。

③「リアルタイム>概要」

「リアルタイム>概要」では、自分のブログが今現在どれくらい見られているか分かる部分です。

このデータは[リアルタイム][概要]から確認することができます。

どのデバイスで見られているかも分かりますし、どのページが見られているかも確認することができます。今現在のアクセスの状態を知る上では、たまに見ておいた方がいいかもです。

以上が、ブログ運営する上で知っておくべき最低限のポイントです。

アナリティクスには他にもたくさんデータがあるので、自分の分析方法に合わせてデータを確認しつつ、ブログの向上に役立ててみてください。

というわけで、今回の内容は以上となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA