【知っておくべき】Twitchの配信で解像度が「936p」の理由【設定方法も解説】

Twitchの配信画質を良くしたい人

「他の配信者さんが「936p」でやってるのを見かけるけど、一体なんでなんだろう?自分もやってた方がいいなら設定方法も知りたいです。」

ここういった方に向けた内容です。

本記事の主な内容

  • Twitchの配信で解像度が「936p」の理由
  • 解像度を「936p」に設定する方法を解説

この記事を書いている僕も以前は1080pで配信してましたが、現在はゲームによっては936pで配信するようにしています。

というわけで、この記事では僕の実際の経験を活かしつつ、936pで配信をしている理由と設定方法まで解説していきます。

スポンサーリンク

【知っておくべき】Twitchの配信で解像度が「936p」の理由

解像度は1080pが主流ですが、Twitchの配信では936pの方が画質が良くなると言われています。

この理由は、ビットレート不足です。

では、なぜ不足するのか。この辺について少し掘り下げていきます。

Twitchにはビットレートの上限がある

Twitchではビットレートの上限は基本 6000 Kbps となっています。

これが不足する原因ですね。

数字だけでは少し分かりにくいので、以下の参考値を見てみてください。

アップロード速度 ビットレート 解像度 フレームレート
3 Mbps 2,500 1024×576 30
4 Mbps 3,500 1280×720 30
6 Mbps 5,000 1280×720 60
8〜10 Mbps 6,000 1920×1080 * 60
15+ Mbps 12,000 1920×1080 60
20+ Mbps 15,000以上 2560×1440 60
40Mbps以上 30,000以上 3840×2160 60

参考元:NVIDIA

一応、6000では1080pとなっていますが、よく見ると注意書きがあります。

*ハイモーションコンテンツに関する重要な注意事項。ハイモーションシーン(レーシングゲーム、一部のバトルロワイヤルゲームなど)をストリーミングする場合は、解像度を下げることを強くお勧めします。

つまり、ある程度の動きのあるゲームの場合だとビットレートが足りてないってことです。

このため、解像度を1080pより下げて配信した方が、安定した映像を届けられるという感じになります。

とはいえ、なんで「936p」なのか

解像度を下げるとはいえ、なぜ「936p」なのか気になる方もいると思います。

この理由が以下の2つです。

  • Twitchが900を推奨している
  • 8の倍数に合わせている

Twitchが900を推奨している

Twitchのガイドを確認すると、「ペースの早いゲーム=900p 60fps」となっています。

»参考:配信のガイドのヘルプ記事

ゆったりしたゲームならともかく、ある程度動きのあるゲームだとこれくらいでやった方がいいという感じですね。

8の倍数に合わせている

1664×936って何だか中途半端で気持ちの悪い数字ですが、これはあくまでも人間にとってです。

機械的には8の倍数でないと、解像度調整とかで問題が起こることもあるらしいです。

一般的な解像度も、よく見ると8の倍数になっています。

  • 1920×1080
  • 1280×720

なので、解像度を推奨される付近まで下げつつ8の倍数を選ぶと言った意味で、「936p」がおすすめになるといった感じです。

解像度を「936p」に設定する方法

ここまでの内容で、解像度を936pに設定したい方向けに設定方法をお伝えしておきます。

解像度の設定方法ですが、利用者の多いOBSを例にお伝えします。

設定は数字を自分で入力するだけ

OBSには選択項目に936pという数値がないので、下記の場所に自分で数字を入力しましょう。

[設定][映像]から[出力(スケーリング)解像度]

ここの数字の部分をクリックし、「1664×936」と入力して[適用]を押すだけOKです。

※入力後間違いがないように、右側のアスペクト比が「16:9」になっているかは確認しておきましょう。

あとは配信をスタートさせるだけで、936pの配信ができます。簡単ですね。

設定はプレイするゲームや環境で多少は違いますが、この記事の内容を参考に質のいい配信を目指してみてください。

というわけで、今回の内容は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA