【簡単】Steamのスクリーンショットの機能の使い方【保存先や削除についても解説】

Steamのスクショ機能を使いたい人

「Steamのゲームをプレイ中に、ゲーム画面のスクリーンショットを撮りたいからやり方を教えてほしい。撮ったあとどこに保存されているかなども知っておきたいな。」

こういった疑問に答えます。

Steamのスクリーンショットの撮り方ですが、[F12]を押すだけでOKです。

本記事の内容

  • スクリーンショット機能の使い方
  • スクリーンショットの保存先と変更方法
  • スクリーンショットを削除する方法

ゲームをプレイしていると、「何これバグ?」「この絵面、面白すぎるんだけど」など神がかった場面に遭遇することがありますよね。

そんな時にスクリーンショットを手軽に撮って、SNSやブログに上げる・・・こういったことをするなら、スクリーンショットを管理ができる知識は必要です。

そこで本記事では、Steamのスクリーンショットを利用する上で必要な知識について解説していきます。

スポンサーリンク

Steamのスクリーンショット機能の使い方

繰り返しにはなりますが、Steamのスクリーンショットは[F12]を押せば撮影が可能です。

ちなみにこちら、ウィンドウ画面でもゲーム画面のみが撮影される仕様になっています。

PCのスクショ機能を使うより、圧倒的に便利ですね。

スクリーンショットのキーは変更できるのか?

変更は可能です。

ショートカットキーの変更は、Steamの設定から行うことができます。
やり方は次のとおりです。

STEP.1
設定を開く

Steamのアプリを起動して、[設定]を開きます。

STEP.2
キーを変更

[ゲーム中]を選択して[スクリーンショット ショートカットキー]の枠をクリックし、割り当てたいキーを入力します。
完了したら右下にある[OK]をクリックしておきましょう。

これでショートカットキーを変更することができます。

ディスコードなど他のアプリで「F12」をすでに使っているという方は、別のキーに割り当てておくと便利ですね。

それでは本題の、保存先について進めていきます。

スクリーンショットの保存先と変更方法

Steamのスクリーンショットは、撮影されると同時にPC内にも保管されていて、その場所が以下です。

C:\Program Files\Steam\userdata\[USER_ID]\760\remote\[GAME_ID]\screenshots

え・・・?ってなった方、スイマセン。
一応、場所を把握しておきたい方のために、PC上のファイルの場所をお伝えしてみました。

ちゃんと簡単にアクセスできる方法があるので、安心してください。

やり方は次のとおりです。

STEP.1
ライブラリへ移動

Steamのアプリを起動して、[ライブラリ]を選択します。

STEP.2
スクリーンショットの表示

左から対象ゲームを選択して、スクロールした右下にあるスクリーンショットの[〇個のスクリーンショットを管理]を選択します。

STEP.3
フォルダを表示

スクリーンショットアップローダが開くので、[フォルダを表示]を選択します。

これで、PC内に保存されているスクリーンショットのフォルダが開かれます。

ちなみにフォルダの中に「thumbnails」というフォルダがありますが、こちらはサムネイル用の小さな画像となっています。実際使うのは通常の画像になると思うので、間違いのないようにしておきましょう。

これで画像の場所も分かったので、SNSにアップしたりブログに載せることも可能ですね。

※一応ですが、他のユーザーの方の情報がある場合は、加工して伏せておくことをオススメします。

スクリーンショットの保存先は変更できる

スクリーンショットの保存先を変更したい場合は、Steam側での変更とPC側での変更が必要になります。

それぞれやっていきましょう。

変更手順①:Steam側の設定

STEP.1
設定を開く

Steamのアプリを起動して、[設定]を開きます。

STEP.2
フォルダの変更

[ゲーム中]を選択して[スクリーンショット ショートカットキー]の枠をクリックし、PC内のフォルダを選んで変更します。
※ちなみに僕は、Dドライブ直下に「steam screenshots」というフォルダを作成して選択しました。

これで保存先の設定はできたのですが、それだけではPCが認識してくれません。なのでここからPC側の設定を行っていきましょう。

変更手順②:PC側の設定

STEP.1
元のフォルダを消去

まずは「remote」というフォルダを消去します。場所は下記のとおりです。

C:\Program Files (x86)\Steam\userdata\[USER_ID]\760

※削除する前に必要なスクリーンショットのデータは、あらかじめ別の場所に移しておきましょう。

STEP.2
コマンドプロンプトを実行

Windowsの検索に「cm」と打ち込み、コマンドプロンプトを管理者として実行します。

STEP.3
コマンドを実行する

コマンドプロンプトに下記のコマンドを記述して、Enterを押しましょう。

mklink /D “C:\Program Files (x86)\Steam\userdata\[USER_ID]\760\remote” “[フォルダの場所]

[USER_ID]はSteamのユーザーID(数字)に置き換え、[フォルダの場所]は先ほど設定した場所に置き換えてください。

※僕の先ほどの例だと、フォルダの場所は「D:\steam screenshots」となります。

プログラム実行後にプロンプト内に「~ のシンボリック リンクが作成されました」と表示されればOK。

これで無事、指定した保存先に変更することができました。

スクリーンショットを多用する場合は、すぐにアクセスできるフォルダにしておくと便利かもですね。

スクリーンショットを削除する方法

スクリーンショットの削除方法ですが、次のとおりです。

STEP.1
ライブラリへ移動

Steamのアプリを起動して、[ライブラリ]を選択します。

STEP.2
スクリーンショットの表示

左から対象ゲームを選択して、スクロールした右下にあるスクリーンショットの[〇個のスクリーンショットを管理]を選択します。

STEP.3
スクリーンショットを削除

対象のスクリーンショットを選択し、[削除]をクリックします。

※Shiftを押しながら選択すれば、複数の同時削除も可能です。

ここで削除することで、PC内からも自動的にスクリーンショットが削除されます。

まとめ:Steamのスクリーンショットはかなり便利です

最後にですが、今回の内容をまとめておきます。

  • スクリーンショットはF12で撮影できる
  • ショートカットキーは設定で変更できる
  • 保存先はSteamから簡単にアクセス可能
  • 保存先のフォルダは設定から変更できる
  • 削除はSteamの中からでも簡単にできる

Steamのゲームのスクリーンショットを撮影したいなら、PCのスクショを使うより圧倒的に便利です。

この記事の内容でスクリーンショットの基礎知識はついたと思うので、ガンガン使い倒して面白い画像をみんなに届けてみてください。

というわけで、今回の内容は以上となります。

オススメ【完全ガイド】ゲーム配信の始め方を5つの手順で解説:収益化のために大切なこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA