【オンラインゲーム向け】LANケーブル選びで決めるべき3つのこと【おすすめも紹介】

ゲームに最適なLANケーブルを求めている方向け。

LANケーブルを買おうと検索しても、とてつもない数が出てきます…。これだと面倒になって「とりあえず有名なメーカーを選べばいいだろ」的な思考に陥る方も多いはず。

ですが、ゲームのLANケーブルはしっかりと選ぶべきです。

本記事では、自分に合ったゲーム向けのLANケーブルを見つけるための選び方を、ステップ形式で解説します。読み進めていただくことで、きっと環境に合ったより良いケーブルが分かるはず。

おすすめのLANケーブルも『タイプ別に3つだけ』紹介しているので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ゲーム向けのLANケーブルの選び方【ポイントは3つ】

理想のLANケーブルを選ぶためには、次の3点を順番に決めていきましょう。

  • ①:カテゴリ
  • ②:形
  • ③:長さ

ここさえ抑えておけば、大きなミスは防げるはず。

どれも大切なポイントなので、それぞれ詳しく解説していきます。

ステップ①:カテゴリを決める

まずは大事なカテゴリ選定ですね。ここが全てと言っていいレベルで重要です。

結論として、ゲームで使うなら「CAT6A」を選びましょう。

理由としては、通信速度の最大値に余裕があり、1度のデータ通信量にかかわる伝送帯域が適切だから。

少し分かりづらいかもなので、カテゴリごとの比較表も見てみます。

カテゴリ 最大速度 伝送帯域
CAT5 100Mbps 100MHz
CAT5e 1Gbps 100MHz
CAT6 1Gbps 250MHz
CAT6A 10Gbps 500MHz
CAT7 10Gbps 600MHz
CAT7A 10Gbps 1000MHz
CAT8 40Gbps 2000MHz

上記のとおり。

性能を落とし過ぎず、オーバースペックにならない程度と考えると・・・まぁ、このあたりになるといった感じです。

もっと性能が高いモノはどうなのか?

表を見て、『CAT6A以上の性能のケーブルがあるのでは?』と疑問を感じた方もいるかもです。

確かにCAT7以上の方が性能は高いのですが、シールドの関係上「CAT6A」に留めておいた方が安心です。

専門的な言葉では「STP」と言いまして、アースしないと性能を発揮できなかったりするものになっています。

なので、一般家庭でゲーム向けに使うのであれば、シールドを施されてないUTPの「CAT6A」を選んだ方がいい・・・というのが結論です。

ステップ②:形を決める

続いては「形」です。

ここも大切なポイントでして、これによって、配置のしやすさも変わってきます。

形は主に3タイプ。

  • スタンダード
  • スリム
  • フラット

この中から、自分の環境に合わせて選ぶという感じです。

「LANケーブルはどこを通して繋ぎたいですか?」

上記の質問に対する答えが、形を決めるヒントになるかなと。

  • カーペットの下を這わせたい → フラット
  • 狭い場所や細い場所を通したい → スリム

例えば上記の感じです。

なお、形にこだわらない方だと「スタンダード」がおすすめ。スタンダードは電波干渉が少ないタイプなので、より安定した通信に近づけることができますよ。

ステップ③:長さを決める

最後は「長さ」です。

こちら思ったよりもわりと重要なポイント。

長さが足りないとケーブルが張ってしまったり、延長ケーブルを買い足すはめになります。逆に余り過ぎてもノイズの影響を受ける原因となることも。

「ルーターからの距離的に、ざっくりだけど〇〇mくらいあれば足りそうかな・・・」

これくらいの感じでいいので、一応の把握はしつつ「あくまでも適切な長さのLANケーブル」を選べるようにしておきましょう。

あとはLANケーブルを選ぶだけです

ここまでお伝えしてきた内容で、自分の環境に合ったゲーム向けのLANケーブルが見えてきたはず。

「カテゴリをどれにするか?」
「形はどのタイプにするか?」
「長さはどれくらい必要か?」

このポイントが決まっただけでも、かなり絞り込めているんじゃないですかね?

ここまで来れば、あとはレビューを見つつ好きなメーカーなどで選んでいけばOKです。

とはいえ、「具体的におすすめを教えてほしい」という方もいると思うので、ここからは3つだけご紹介していきます。

ゲームにおすすめのLANケーブルをタイプ別で3つ紹介

各タイプごとに1つずつあげてみました。

どれも「CAT6A」のケーブルなので、安心して使えます。

詳細を確認していきましょう。

①:バッファロー BSLS6ANU(スタンダード)

長さ 0.5、1、2、3、5、7、10
最大速度 10Gbps
伝送帯域 500MHz

バッファロー製で売れ筋のスタンダードLANケーブルです。ツメが折れない工夫がされているのがありがたいですね。

カテゴリは「CAT6A」。長さもそれなりに幅広く選べるので家庭用にはおすすめです。

②:エレコム LD-GPASS(スリム)

長さ 0.5、1、2、3、5、7、10、15、20
最大速度 10Gbps
伝送帯域 500MHz

エレコム製の人気なスリムLANケーブルです。ケーブルが細く狭い場所でも通せて邪魔になりにくいです。

カテゴリは「CAT6A」。長さのバリエーションも多く、接続距離が長い方でも安心して使えます。

③:バッファロー BSLS6AFU(フラット)

長さ 0.5、1、2、3、5、7、10
最大速度 10Gbps
伝送帯域 500MHz

バッファロー製でかなり売れているフラットLANケーブルです。ストレートの製品と同じシリーズで、ツメが折れない加工も施されています。カーペットの下や、扉下の隙間などを通せたりして便利です。

カテゴリは「CAT6A」。長さは10mまで選べるようになっているので、家庭用には問題ないレベルかと思います。

※ちなみにアマゾンで確認した時点では、10mが選べるのは「青色」のみでした。なので、黒色は7mまでとなっています。

まとめ:ゲームにおいてLANケーブルは大切なポイントです

この記事の内容をまとめます。

  • カテゴリは「CAT6A」を選ぶ
  • 形状は配置方法に合わせて選ぶ
  • 長さは適切なものを選ぶ

上記を抑えておけば、自分に合った適切なLANケーブル選びができるはず。

まずはここから変えつつ、ゲームを快適にできる70Mbpsを目指しましょう。

他にも回線に対する施策はあるので、興味のある方はそちらもぜひ確認してみてください。

»参考:ゲームに必要な回線速度の目安とは?【遅いときに試すべき3つの施策】

LANケーブルは回線速度に影響のある大切な部分です。こういった問題点を1つずつ解決しつつ、快適なゲームライフを送ってみてください。

というわけで、今回の内容は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA