WordPressブログに適したレンタルサーバーの選び方【おすすめ3社を比較する】

ブログ初心者

「WordPressでブログを作ろうと考えてるけど、レンタルサーバーを借りる必要があるらしい。とはいえ、知識ゼロ。なるべく失敗はしたくないから、選び方やおすすめを教えてほしいです。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • WordPressブログに適したレンタルサーバーの選び方
  • WordPressにおすすめのレンタルサーバー3選を比較
  • まとめ:レンタルサーバーは性能や機能で選びましょう

この記事を書いている僕は、ブログ歴5年ほど。レンタルサーバーはいろいろ試しつつ、乗り換えなども経験してきました。

レンタルサーバーは適当に選ぶと、マジで苦労します。

つい価格に目が行きがちですが、性能や機能などにもしっかり確認しておくようにしましょう。

本記事では、サーバーを選ぶ上で確認すべきポイントをお伝えしていきます。おすすめも比較しつつ紹介しているので、サーバー選びの参考にどうぞ。

スポンサーリンク

WordPressブログに適したレンタルサーバーの選び方【ポイントは5つ】

選び方のポイントとしては、次の5つをチェックしておきましょう。

  • ①:転送量
  • ②:機能
  • ③:セキュリティ
  • ④:マルチドメイン
  • ⑤:価格

ブログって長く運営することが基本なので、サーバーとの付き合いも長くなります。なので、失敗しないためにも、上記の項目はチェックをしておきましょう。

よく分からない部分もあると思うので、それぞれについて掘り下げて解説していきます。

※「チェックポイントは分かったから、おすすめを先に知りたい」という方は『WordPressにおすすめのレンタルサーバー3選』までスキップしてください。

ポイント①:転送量

転送量は安定性に影響するところです。

ざっくりですが、「どれくらいのアクセスに耐えられるかの数値」という理解でOK。

当然ですが、数値が大きければ、それだけのアクセスに耐えられます。

サーバー落ちとかせずに、安定した運営がしたいなら、ある程度は確保できるサーバーを選びましょう。

ポイント②:機能

ここでいう機能とは「運営の補助」のためのもので、例えば次のようなものです。

  • WordPressを簡単にインストールできる
  • サーバー側にバックアップの機能がある

こういった機能があると、運営を安心して進められるので、要チェックですね。

ちなみに大手だと、こういった機能はたいてい備わっています。

「WordPressを簡単にインストールできる機能」に関しては、ガチで必須なので、これがないサーバーは選ばないようにしましょう。

ポイント③:セキュリティ

サイトを作ったら「SSL化」というものを行い、防御力をあげることをしておく必要があります。

これが無料でできるかってところも、注目しておくべきポイントです。

このSSL化をしてないサイトだと、開いたときに「安全ではありません」という表示がされます。

これってサイトの信頼性にも関わりますし、Googleも推奨していることなので、ちゃんと対応しているサーバーを選ぶようにしましょう。

ちなみに、難しそうに感じますが「ConoHa WING」のように1クリックでできるようなサーバーもあります。初心者だと、ここまで簡単にできた方が助かるかもです。

ポイント④:マルチドメイン

マルチドメインというのは、サーバーを1つ借りれば、いくつもブログを作れるという機能です。

こういった機能があるサーバーを選んでおけば、もう1サイト作りたいという場合に、新しく契約をせずに済みます。

なので、次の2点はちゃんと見ておきましょう。

  • マルチドメイン
  • データベース(My SQL)

両方の数が「無制限」になっていれば、文字通りたくさんのサイトを運営できます。

※『マルチドメイン=無制限:データベース(My SQL)=1』とかだと、結局1つしか運営できないので注意です。

上記2点の数をしっかりと確認しておくようにしましょう。

ポイント⑤:価格

価格は安ければいいというわけではないので、「コスパ」を重視するようにしましょう。

格安サーバーを選んで、機能・性能に問題を感じる・・・結果として「サーバー乗り換え」みたいなことになります。

ぶっちゃけ乗り換えって面倒です。

あとで後悔することがないように、①〜④までの性能面で選んだ上で、価格で検討するという流れで決めるようにしましょう。

以上が、サーバーを選ぶ時に注目すべきポイントです。

ここからは、上記ポイントで考えても、安心して利用できるおすすめサーバーを紹介していきます。

【比較】WordPressにおすすめのレンタルサーバー3選

ずばり、次の3社です。

機能や性能も問題なく、初心者でもわりと使いやすいレンタルサーバーとなっています。

おすすめのレンタルサーバー比較表

ConoHa WING エックスサーバー mixhost
転送量 27TB/月 900GB/日 18TB/月
バックアップ
簡単インストール
無料SSL
複数サイト 無制限 無制限 無制限
費用 931円/月
(初期費用:無料)
1,100円/月
(初期費用:3,300円)
1,078円/月
(初期費用:無料)

※各サーバーの費用は、もっともおすすめするプラン(ConoHa WING=ベーシック、エックスサーバー・mixhost=スタンダード)で12ヶ月契約をした場合の料金です。

使いやすさや価格を考慮すると、スタートしやすいのはGMOの「ConoHa WING」かなといったところです。※当サイトもConoHa WINGで運営しています。

とはいえ、すべて見ておきたい方もいると思うので、それぞれについて解説をしていきますね。

ConoHa WING

転送量 27TB/月
バックアップ
※1日1回バックアップ+過去14日分を復旧データとして利用可
簡単インストール
無料SSL
複数サイト 無制限
初期費用 無料
月額費用 931円/月
※WINGパックベーシックプランの12ヶ月契約の料金です

ConoHa WINGは、国内最速のサーバーです。

ページの表示速度はもちろんですが、WordPressの管理画面の時点でその速さを感じるレベル。ConoHaのサーバー管理画面も使いやすいですし、必要な機能はしっかり揃ってる・・・そして安いです。

唯一のデメリットを挙げるとしたら、新しいサーバーなので利用者がまだ多くはないくらいですかね。

とはいえ、運営元であるGMOは業界大手なので、安心して使えます。「初心者は迷ったらコレ」と言えるほど、優良なサーバーです。

※WINGパック(期間契約)の場合だと、無料でドメインをもらえます。割引もあってお得なので、利用する場合はパックにするとおすすめですよ。

 

ちなみにConoHaは、サーバー契約からWordPressブログを解説するまでの流れも簡単です。

その辺については『【初心者向け】ConoHa WINGでブログを作る全手順を解説』という記事で解説しているので、分からなければ参考にしてみてください。

エックスサーバー

転送量 900GB/日
バックアップ
※1日1回バックアップ+過去14日分を復旧データとして利用可
簡単インストール
無料SSL
複数サイト 無制限
初期費用 3,300円
月額費用 1,100円/月
※スタンダードプランの12ヶ月契約の料金です

エックスサーバーは安定感の高いサーバーです。

サーバー実績年数も長く、現在もユーザーがかなり多いので情報も多いです。企業とかでも使うレベルのサーバーですし、ブログ運営に必要となる機能なども当然のようにしっかりしています。

ただし、コストが他社に比べると若干かかってしまうのが、唯一のデメリットですね。

とはいえ、安定感重視でサーバーを選びたいという方には、かなりおすすめのサーバーになっています。

※ちなみにエックスサーバーは、10日間の無料お試しができます。こういったものを利用して確認してみるのもありかもです。

mixhost

転送量 18TB/月
バックアップ
※1日1回バックアップ+過去14日分を復旧データとして利用可
簡単インストール
無料SSL
複数サイト 無制限
初期費用 無料
月額費用 1,078円/月
※スタンダードプランの12ヶ月契約の料金です

mixhostは最新でスペックが高いサーバーです。

サーバー自体は新しめなので、性能面の充実に力を注いでいるという感じですね。費用もかなり安いというところは、メリットも大きいです。

ただし、個人的にはサーバーの管理画面が、ぶっちゃけ少し使いづらいかなと感じました。

とはいえ、サーバーで作業することってそんなにないですし、慣れれば問題はないかなと。価格は安いので、高スペックを安く使ってみたいという方にはおすすめとなっています。

まとめ:WordPressブログ用のレンタルサーバーは性能や機能で選ぼう

この記事では、レンタルサーバーの選び方からおすすめまでをお伝えしてきました。

選び方のポイントをまとめておきます。

  • 転送量:20TB/月くらいあれば十分すぎる。
  • 機能:WordPressの簡単インストールは必須。
  • セキュリティ:無料SSLはあった方がいい。
  • マルチドメイン:できれば無制限。複数あればOK。
  • 価格:コスパ重視で選びましょう。

レンタルサーバーは性能や機能でしっかり選んだ上で、価格で検討するようにしましょう。

ブログを運営する以上、レンタルサーバーとは長く付き合っていくものです。

価格だけで選んであとで面倒なことになるより、初めからしっかりしたサーバーを選んで、ブログの運営のみに集中できる方が効率的です。

サーバー代なんて、ブログをちゃんと運営できれば回収できます。

なので、変にケチって失敗してしまうよりも、しっかりと満足できるサーバーを選んでみてください。

この記事で紹介したおすすめのレンタルサーバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA