【プラグイン】BackWPupの導入と設定方法を詳しく解説

「BackWPup」は、WordPressサイトのバックアップを自動で作成してくれる便利なプラグインです。

WordPressでブログなどを運営する場合は、自由な運営ができますが「不足の事態」にも自分で対応する必要があったりします。

  • カスタマイズしていたら白飛びした
  • 外部から攻撃されてデータが飛んだ
  • 謎のエラーで運営ができなくなった

例えば上記のようなことですね。

こういったことって誰しも可能性があるので、万一に備えてバックアップは必要です。これの有無でサイトの復旧ができるかどうか変わってきますので。

バックアップって自分で取ることもできますが、わりと手間なのでこの辺はプラグインに頼って自動化するようにしておきましょう。

本記事では、そのための便利なプラグイン「BackWPup」の導入から設定方法まで解説していきます。

スポンサーリンク

「BackWPup」にできること

「BackWPup」は冒頭でもお伝えしたとおり、自動でバックアップが取れるプラグインです。

具体的に取得できるデータは次のとおり。

  • サーバー上のデータ:画像・テーマ・プラグインなど
  • データベース上のデータ(MySQL):記事・カテゴリなど

この2つのデータさえあれば、サイトをその時(バックアップを取った時点)の状態に戻すことができます。

実際に、カスタマイズなどの操作ミスによってサイトが真っ白にとんだという例も多いです。

外部からの攻撃でもデータが消える危険性もあったりするので、サイトを運営するならこのプラグインでバックアップは常に取れる状態にしておきましょう。

※「BackWPup」は時間や頻度などを1度指定してあげれば、完全自動でバックアップできるのでかなり安心です。

というわけで、早速インストール手順について解説をしていきます。

バックアッププラグイン「BackWPup」の導入方法

BackWPupの導入方法は、次のとおりです。

STEP.1
新規追加

WordPressの管理画面から[プラグイン]を選択し、[新規追加]をクリックします。

STEP.2
プラグインを検索

検索窓に「BackWPup」と入力し、プラグインを検索しましょう。

STEP.3
インストールして有効化

BackWPupに[今すぐインストール]というボタンがあるので、これをクリックしましょう。インストールが完了したら[有効化]のボタンが出るのでこれもクリックします。

これで「BackWPup」の導入は完了です。

ちなみに、このプラグインは有効化するだけでは自動バックアップされません。なので、ここからお伝えしていく設定までしっかり行なっておきましょう。

BackWPupでバックアップの設定をしておこう

BackWPupは「ジョブ」というものがあり、これを作成して設定することで自動バックアップが取られるようになります。

というわけで、まずは「ジョブ」を作成しておきましょう。

WordPress管理画面から[BackWPup][ジョブ]を選択し、[新規追加]をクリックすればOKです。

設定画面に移行するので、そのまま各設定をタブごとに行なっていきましょう。といっても、設定するタブは次の2箇所だけです。

  • ①:一般
  • ②:スケジュール

基本は同じように設定するだけでOKなので、そのまま進めていきましょう。

設定タブ①:一般

まずは「一般タブ」の設定ですね。各項目に分けて画像付きで解説していきます。

ジョブ名とジョブタスク

ジョブ名は自分が分かりやすい任意のものでOKです。ここでは毎週バックアップを取るという仮定で、「Weekly」としておきます。

ジョブタスクに関してはデフォルトのままでOKです。

バックアップファイルの作成

アーカイブ名とアーカイブ形式の設定ですが、ここはデフォルトでOKです。

※アーカイブ形式が「Tar GZip」を推奨しているサイトもありますが、PCにダウンロードしてファイル操作したい場合に若干問題がありました。なので、PC内に保存しておきたい方は「Zip」のままがやりやすいかもです。

ジョブの宛先

バックアップのファイルの保存方法は「フォルダーへのバックアップ」を選んでおきましょう。

ここまで完了したら「変更を保存」をクリックして、1度内容を保存しておいてください。

完了したら次のタブの設定へと進みます。

設定タブ②:スケジュール

続いては「スケージュールタブ」の設定ですね。ここも各項目に分けて画像付きで解説していきます。

ジョブスケジュール

ジョブの開始方法:「WordPress の cron」を選択しましょう。

これを選ぶことで、下に次の項目が表示されます。

実行時間をスケジュール

  • スケジューラーの種類:基本
  • スケジューラー:好きなタイミングでOK

スケジューラーに関しては、特にこだわりがなければ「毎週」くらいの頻度でいいと思います。※ここでは例として、「毎週日曜日の5時」と設定しています。

設定が完了したら「変更を保存」をクリックして、内容を保存しておいてください。

これで、BackWPupの設定は全て完了です。自動でバックアップが取られる状態は整いました。

補足:設定したジョブのバックアップは手動で取ることも可能です

ジョブさえ作ってしまえば、時間などを設定していても手動で好きな時にバックアップを取ることもできます。

WordPressの管理画面から[BackWPup][ジョブ]を選択し、設定した「ジョブ」にカーソルを当てましょう。

[今すぐ実行]というボタンがあるかと思います。

ここをクリックすれば、手動で強制的にバックアップが開始されます。カスタマイズをする直前などにバックアップが取りたいという場合には便利ですね。

なので、一応ですが手動のやり方も頭に入れておきましょう。

バックアップファイルをPCに保存する方法

バックアップファイルが手元にあると、復元などする場合に便利だったりします。

なので、PCにも保存しておくようにしましょう。

やり方は次のとおりです。

WordPressの管理画面から[BackWPup][バックアップ]を選択します。するとバックアップの履歴があるので、対象の履歴にカーソルを当て[ダウンロード]をクリックしましょう。

これだけで、自分のPCにバックアップファイルを保存できます。

実際にこのファイルを使った復元方法も解説しておきますね。

バックアップデータを使ったサイトの復元方法

バックアップデータを使ってサイトを復元する場合に、やるべきことは次のとおりです。

  • 手順①:サーバー上のWordPressデータの上書き
  • 手順②:データベース上のデータ(MySQL)の上書き

すべてPCにダウンロードしたファイルでできる作業です。

順に解説していきます。

手順①:サーバー上のWordPressデータの上書き

STEP.1
ファイルの解凍

圧縮されたフォルダをダブルクリックして、解凍をしておきましょう。

※ダウンロードした時点で解凍されている場合は不要です。

STEP.2
ファイルマネージャーへ

ConoHa WING管理画面で[サイト管理]を選択し、[ファイルマネージャー]をクリックします。

※この時、復元したいサイトが選択されているかをしっかり確認しておいてください。選択されてない場合は、切り替えをすればOKです。

STEP.3
ドメインを選択

[〇〇@localhost][Publichtml][対象サイトのドメイン]をクリックします。右側に「wp-admin」などのファイルが表示されていればOKです。

STEP.4
ファイルのアップロード

解凍したファイルを開き、以下の4つ以外のファイルを「ドラッグ&ドロップ」でファイルマネージャー上に移します。

  • backwpup_readme.txt
  • ********.sql
  • manifest.json
  • ***.pluginlist.***_***.txt

注記が表示されますが、こちらで「はい」を選択しておけばOKです。

続いて、MySQLの上書きを行なっていきます。

手順②:データベース上のデータ(MySQL)の上書き

STEP.1
データベースを選択

ConoHa WING管理画面から[サイト管理]を選択し、[データベース]をクリックします。

※この時、復元したいサイトが選択されているかをしっかり確認しておいてください。選択されてない場合は、切り替えをすればOKです。

STEP.2
phpMyAdminへ

復元したいドメインのユーザー名をクリックすると、メニューが開き「phpMyAdmin」というものが表示されるので、ここをクリックしましょう。

ユーザー名とパスワードの確認方法

ユーザー名とパスワードは、先ほど解凍したファイルの中の「wp-config.php」というファイルに記載されています。※これらの情報は、絶対に外部に漏れないように注意してください。

STEP.3
ログイン

phpMyAdminに移動するので、ユーザー名とパスワードを入力し「実行」をクリックします。

※ユーザー名とパスワードは、先ほど確認したものでOKです。

STEP.4
sqlファイルのインポート

ログインができたら[インポート]をクリックし[ファイルを選択]を選んで、先ほど解凍しておいた「*******.sql」というファイルを選択しましょう。

ファイルがアップできれば他の設定はデフォルトのままでOKなので、[実行]ボタンをクリックします。

これでサイトの復元は完了です。

まとめ:バックアップはプラグインで自動化しましょう

BackWPupは設定さえしてしまえば、自動でバックアップを取ってくれる便利なプラグインとなっています。

バックアップってぶっちゃけ自分でも取れますが、定期的にやるとなるとかなり面倒です。

時間ももったいないので、この辺はプラグインに頼った方が間違いなく効率的ですね。

こういった感じでサイトを安全に効率的に運営するプラグインは他にもあるので、「BackWPup」を含めた必須のプラグインくらいは最低限入れておくようにしましょう。

»参考:【WordPress】ブログ運営におすすめなプラグイン【必須6選+便利5選】

プラグインを有効活用して安全性も高めつつ効率化して、より記事に時間を費やせる時間を確保してみてください。

というわけで、今回の内容は以上となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA