【快適】SteelSries Arctis 5(2019 Edition)をレビュー:マジで便利すぎる

こんにちは、アキチです。

日々、ゲーム配信を楽しみつつ動画の編集なども行っています。
1日のヘッドセットを使う時間はわりと長い方です。

耳が痛くてしょうがなかったので、ついに「Arctis5」を買いました。

本記事の内容

  • SteelSries Arctis 5(2019 Edition)を正直にレビュー
  • Arctis 5のボタンなどによる便利がマジで機能すぎます
  • 補足:Arctis 5には種類あるので購入時に注意です

この記事では、SteelSries Arctis 5のレビューとして正直な感想をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

【快適】SteelSries Arctis 5(2019 Edition)をレビュー

結論からいうと、Arctis 5にはかなり満足です。
おかげで快適な環境を手に入れることができました。

とはいえ、少し気になる部分もありました。なので「装着感」と「音質」をメインに掘り下げていきます。

装着感は最高です:痛みが消え去った

Arctis 5は2019年モデルから、フワッとした厚みのあるクッションに変更されています。

このため装着感は最高で、耳の痛みが消え去りました。

以前は合皮の5000円くらいのヘッドセットだったので当然かもですが、ストレスはマジで激減です。

ちなみにメガネもつけれるように作られているので、メガネをかける人でもOK。僕も試しにかけてみましたが、クッションが凹んでくれて圧迫感はなかったです。

重要は約300gとやや重め:人気ヘッドセットと比較

Arctis 5の唯一のデメリットが、連続してつけ続けるとやや重たく感じるところです。
※実際に重量を計測してみましたが、304gありました。

とはいえ、本格的なゲーミングヘッドセットだと、ある程度は仕方ないかなと思います。

上記は人気ゲーミングヘッドセットの重量を調べた結果ですが、どれもそこまで差はないです。

ヘッドバンドで負荷が多少なり軽減されるので、まだいい方なのかもですね。

音質はおすすめできるレベルです:ゲームも快適

音質ってヘッドセットの価格によって差は開きますが、1万円台のヘッドセットの中では上位レベルです。

一時売り切れになるほどの人気からも、その品質は間違いないと思います。

現在のゲーマーの使用デバイスランキングでもTOP5以内に入ってくるほど、ユーザーも多いヘッドセットです。

音楽や映画鑑賞にも使えます

これってsteelのコンセプトではありますが、ゲーム以外にも十分使えるヘッドセットになっています。

僕はこのおかげでプライムビデオやゲーム配信の視聴なんかも、思いっきり楽しませてもらっています。

音質はゲーム特化というわけではないみたいですが、個人的にはゲームでも十分おすすめできるレベルでした。
※あくまでもエンジョイ勢の感覚ではありますが、足音の方向とかも十分に把握できるくらいだと思います。

Arctis 5のボタンなどによる便利がマジで機能すぎます

Arctis 5は本体の左部分にボタンなどがついていて、以下の操作は瞬時にできます。

  • メインの音量調整
  • マイクのミュート

音量ってその日の体調によっても違うので、サッと調整できるのは便利です。

マイクミュートもすぐできるため、ゲームでVCをする場合にストレスがないですね。急に咳き込んだり、ちょっと休憩に行ったりする時には重宝します。

ここが基本的な便利機能ですが、他にも驚きの機能があったので紹介しておきます。

USB接続をするとさらに高機能です

USB接続する場合は上記のようなツマミが付属されており、音声を2種類使えて音量バランスも調整することができました。

どういうことなのか、具体例をあげます。

  • A Game…デスクトップ音声(ゲーム音など)
  • A Chat…ディスコード音声

僕の場合だと上記のように設定していて、こうすることでゲーム音とVCの音声が内部的には分かれている状態です。
※PCのサウンド設定では「A Game」を選び、ディスコード設定では「A Chat」を選ぶ感じです。

これでツマミを調整することで、音量バランスをゲーム音寄りにしたりVC寄りにしたりと、手元で調整ができるようになります。

一緒にプレイしている相手に音量調整を頼まなくても、自分側で調整できるのはマジでストレスフリーでした。

Arctis 5を買うなら、間違いなく使った方がいい機能だと断言します。

補足:Arctis 5には種類あるので購入時に注意です

最後に補足ですが、Arctis 5には種類があったりするので購入時には注意が必要です。

  • Arctis 5だけど2017年モデル
  • SteelSriesのArctis 3・Arctis 7

上記のようにモデルによって、形状とかも若干変わってきます。

この記事で紹介したとおり、イヤーパッドの厚みとかは2019年モデルから追加されたものなので間違えないようにしましょう。

この記事で紹介した「SteelSries Arctis 5(2019 Edition)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA